芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
健康

朝起きれない人の特徴!高校生女子は何があるの?

朝起きれないことが続くようになると、
朝起きれない人の特徴について
知りたいと思いますよね。

朝起きれない原因の多くは、忙しい毎日から
来る睡眠不足になるでしょうけれど、他にも
様々なことが含まれているようです。

あなたは、朝起きれない悩みがあるのでしょうか?

今回は、高校生女子の悩み「朝起きれない人の特徴」
について、
お話します。

朝起きれない人:理由は?

朝起きれないということは、誰でも1度は
経験したことがあるのではないでしょうか?

寝過してしまった後で、
何故起きれなかったのかな……?」なんて、
ぼんやりと思います。

朝起きれない理由には、目が覚めなければ
ならない時刻に、
脳が眠っている状態に
なっていることになるでしょう。

そのような状況で、どれだけ頑張って
(意志の力で)起きようとしたところで、

無理としか言えないようですね。




朝起きれない人:特徴は?

朝起きれない人は、目覚めたい時刻に
脳が眠っていることが分かりましたが、
どのような特徴があるのでしょうか?

遅くまで起きている

まず、遅くまで起きていることが多くて、
睡眠不足を他の時刻に補う習慣が
ついていることがあるでしょう。

その為に、朝起きるべき時刻に
起きれないことになってしまうのです。

ストレスや心配事があり寝つきが良くない

誰でも、ストレスや心配事を
抱えていることがあります。

ただ、それが酷くなっていれば、
不安や心配によってなかなか
眠れなくなってしまうことがあります。

そのことは、当然ですが起床時にも
影響することになるのです。

ストレスや心配事を抱えていれば、
結果として、起きることを脳が拒絶する
ように
なってしまうことがあるようです。

不規則な食生活

不規則な食生活は、
不眠と密接に関係しています。

例えば、睡眠を妨げる
胃の中に滞留する時間が長い
食べ物(揚げ物やステーキなど)は、
胃の消化にかかる時間が4時間ほど
にもなるのです。

寝ている間胃は働き続けることになるので、
これでは眠りが浅くなってしまいます。

そのため、就寝前に食べるような習慣
があれば、
朝定刻に起きれないといった
ことが発生してしまうようです。

PMS(月経前症候群)

女子はPMSが原因になって、
朝起きれないことがあるようです。

PMS(月経前症候群)とは、月経の
2週間or1週間位前から起こりますが、
月経が始まれば消失するものです。

症状は、身体的なものと精神的なものがあります。

(1)身体的症状:下腹痛・頭痛・腰痛・関節痛・むくみ・めまい・便秘・不眠などがあるようです。

(2)精神的症状:怒り・憂鬱・緊張・無気力・疲れ・不眠などです。




朝起きれない人:解決方法は?

では、朝起きれない人に適切な
解決方法はあるのでしょうか?

ここで、少し考えてみましょう。

①就寝するための準備をする

ストレスや心配事などで眠りが浅いことが
原因している場合は、深い眠りを導く
補助となることをやってみましょう。

寝る前に軽いエクササイズやダンスをして
体に心地よい負荷を与えます。

少し疲れを感じるくらいです。

体に軽い疲労感があれば、横になっている
うちにいつの間にか寝入ることが多いようです。

ただ、過度な運動は反対に眠れなくなる
ことがありますので気をつけて下さい。

②夜は早い時間に寝る

遅くまで起きていることで、睡眠不足になって
いる場合には、睡眠不足を他の時間帯に
補うことを止めて、もう少し早い時間に
寝るように
しましょう。

一般的に、睡眠に必要な時間は、
7~8時間
と言われます。

それ故、日常的にそれだけの睡眠を
とるようにした方がいいのです。

上手くできないようであれば、最初に
起きる時間を決める
ようにして下さい。

そうすれば、何時に寝れば7~8時間
眠ることができるのか
分かります。

寝る時間と起きる時間とをはっきりと
決めることは、定刻に起きるための
コツ
になるでしょう。

③不規則な食生活を改善する

不規則な食生活によってよく眠れない場合は、
まずそれを改善することが大切ですね。

食べてから数時間、食べたものは胃の中に
留まっていますので、就寝前に食事すること
控えるようにしましょう。

④PMS(月経前症候群)

PMSの原因は、機能性低血糖症と言われています。

黄体期に入り、女性ホルモンの一つである
プロゲステロンの分泌量が多くなります。

このプロゲステロンは、血糖値を調整する
インスリンの働きを低下させてしまいます。

それによって機能性低血糖症が発生して、
PMSの症状が現れることになるようです。

PMS(月経前症候群)の対策としては、
次の治療法を挙げることができるでしょう。

食事:

食べ物の中には、インスリンの分泌を促して
機能性低血糖症を悪化させるものがあります。

甘い食べ物や白米・食パンなどが、それに
当たりますので、できるだけ控えましょう。

運動:

適度な運動やエクササイズは、代謝を
促進してストレスや疲れによる体の緊張を
和らげますので、PMSの症状を軽減する
ことができます。

無理せず体調に合わせて、適度な運動や
エクササイズを行うようにしましょう。

サプリ:

PMSに効果があるサプリを飲むことで、
PMS(月経前症候群)を改善することが
できるでしょう。

サプリで、PMSの原因である鉄分や
ビタミンの不足を補うことができます。

生理前のモヤモヤイライラから解放:ルナベリー

ここで、PMSが原因で朝起きれない人
のために、サプリ
ルナベリー」をご案内します。

ルナベリーは、毎月の辛い生理前の
モヤモヤに効き目がある、9種のハーブと
女性に嬉しい栄養素を
1粒に凝縮
しているサプリです。

朝起きれない人の特徴!高校生女子は何があるの?

20代~40代の女性の多くが抱えていると
言われているPMS(月経前症候群)
治療のために開発されています。

ルナベリーには、PMS対策の有用成分である
「チェストベリー」を40mg配合されています。

チェストベリーは、古くからPMSや生理不順に
悩む女性から親しまれているハーブで、
安全性も認められています。

チェストベリーの他にも、PMSの解消に最適
と言われている
9種類のハーブ
月見草・亜麻仁油・イチョウ葉・レッドクローバーなど
を配合しています。

また、生理前のお肌のトラブル
肌あれ・ニキビなど)を考慮して、
ビタミン群・カルシウム・マグネシウム
・イソフラボン
を豊富に配合しています。

気になる副作用や眠気などの問題に
なりますけど、ルナベリーはサプリメント食品
になりますので、
副作用や眠気の発生する
心配はなく、安心してご利用できるでしょう。

高校生女子の悩み「朝起きれない人の特徴」
について
お話しましたが、いかがでしたか。

朝起きるのが苦手という女子は、
意外にたくさんいるのかもしれません。

朝起きれない原因には、

  • 睡眠不足
  • ストレスや心配事によるもの
  • 食事の問題

などがありますが、女子の場合には、
PMS(月経前症候群)などを考慮した

体調管理が必要になるようですね。

朝起きれない人の特徴!高校生女子は何があるの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください