芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
健康

高校生の睡眠時間って理想はどれぐらいなの?

ほとんどの高校生にとって、常に受験・テスト勉強・学業成績などの心配がたくさんあり、何時でも勉強が忙しいと言えるでしょう。

体力が有り余っている年頃とはいえ、クラブ活動や塾通いなど考慮すれば十分な睡眠をとる事は必須です。




ところで高校生にとって理想とされる睡眠時間はいったいどれくらいなのでしょうか?

この記事では高校生の睡眠時間!理想はどれぐらいなのか、深掘りしていきます。

勉強と睡眠時間

高校生にとって勉強時間の不足感を感じることは多々あります。

それが睡眠時間を削り勉強することに繋がってしまいます。

しかし残念なことに睡眠時間を削って勉強しても良い結果が出るとは限らないのです。

睡眠不足は脳の機能へ大きく影響します。それが集中力ややる気の低下に繋がってしまうのです。

せっかく徹夜で頑張って勉強したのに成績が下がってしまったなど生産性が低下することも発生しています。

高校生の睡眠時間って理想はどれぐらいなの?

記憶と睡眠時間

一般的には詰め込み学習をしても、ほとんどの事案は記憶として定着することがないと言われています。

それは覚えた情報は他の情報が入ってくれば消えてしまうことを意味しています。

それ故に記憶量を増やすには、本来脳に備わっている整理機能を補助するやり方が効果的なのです。

整理することで記憶に定着させるということです。

その最も効果的な方法が睡眠を取るというシンプルな事なのです

脳は睡眠中に勉強した内容を整理しています。つまり勉強したらすぐに寝るというのは記憶の定着に繋がります。

睡眠時間が不足すると、この脳による記憶の整理機能が十分に働かないことになるのです。




理想の睡眠時間はどれぐらい

では高校生にとっての理想の睡眠時間はどれくらいでしょうか?

高校生は元気一杯で体力を持て余している時期です。そしてうっかり夜遅くまで起きて勉強してしまうのですが、高校生に理想とされる睡眠時間はだいたい7時間前後だと言われています。

これはアメリカで調査された情報ですが、アメリカの高校生の学業成績と睡眠時間の関係を調べたものがあります。

成績の良い学生は寝る時間が早く睡眠時間が長いという結果が出ています。

これは早く寝ることで睡眠時間を十分に取れば日中の学校における勉強の集中力と学習能力が上がるためだということが分かっているのです。

勉強の効果を上げたければ寝るべし

ここまで高校生の睡眠時間って理想はどれぐらいなの?について言及してきました。

つまり勉強の効果を最大限に上げたいのならば、適切な睡眠時間が必要だと言う事です。

たくさん勉強しても、学習したことを整理することをしなければ記憶に定着することがないのです。それでは勿体無いですよね。

もちろん寝ている時以外にも脳の整理機能を補助するやり方で学習するやり方もありますが、まずその脳の整理機能を十分に活用できる睡眠時間を削ることはしないようにしましょう。

ということで、早速今夜から早寝しましょう。(つ∀-)オヤスミー

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください