芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
生活

高校生は実は部活に入らない方が良いこれだけの理由

部活って、いまいち興味ない。でも、無理してまで部活に入らないといけないのか?悩む人もいるでしょう。

高校生は実は部活に入らない方が良いこれだけの理由

大して入りたくもないのに、入らなければ・・・と考えるのは、部活に入らないと友達が出来ないとか、
卒業後不利になるとかいう噂を耳にするからでしょう。




高校生が部活に入るメリットとは

前者の話において、逆に考えると、部活に入る=無条件に友達が出来るということになるので、無理がありますね。

友達というのは、同じ部活でも違った部活でも、また、部活の有無に関わらず、気の合う者同士が友達になり得るはずですので、部活うんぬんは、あまり関係ないでしょう。

後者に関して言えば、正直、高校卒業後、就職することが決まっている場合、部活に所属していないと、不利になるようです。

しかしながら、2010年統計でいうと、8割弱の人が、大学・短大・その他に進学しているというデータがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%AD%A6%E7%8E%87

すると、大方の人が受験を控えていて、学校以外に何らかの勉強をしなければならない状況にあるということになりますので、時間に余裕がある方がかなり有利であることは明らかですね。

高校生は部活に入らない方が良い理由とは

これを前提に考えると、部活に入らない=時間に余裕が出来て、受験にはメリットがあるということになります。

参考までに、大手予備校の出している、難関大現役合格者の、学校以外での勉強時間の調査では、平均6時間超という結果も出ていて、やはり受験勉強にはかなり時間を掛けなければならないことも伺えます。

平均6時間というのは、部活をしている限りでは、かなり難しい数字でしょう。

ここでいう平均は、あくまで平均ですので、学力がなかなか追いついていない人は、もちろんそれ以上の勉強量を要求されるでしょうし、そうなると、勉強時間は6時間どころでは済まないという話にもなります。

そうすると、部活どころの騒ぎではなくなってきます。




帰宅部の素晴らしさとは

しかも、部活をしないということは、余計なエネルギーを費やしませんので、時間の余裕プラス体力にも余裕が出来る
ということになります。そうすると、受験にも万全の体勢・体調で臨めるでしょう。

部活との両立とか、余計なことも考えなくて済むので、時間がないという理由で、精神的にも追い詰められることも
ないので、気持ちは楽になるでしょう。

何より、部活に入るか入らないかで悩むこと自体、自分は部活を心より必要としていない証拠ですね。

本当に入りたければ、迷う以前に、既に入っているでしょう。

迷って入った結果、失敗した・・・と思い、部活を抜けたなんていうのは、気まずいでしょうから、
自分が納得のいく選択をしたいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください