芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
美容

夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?

大人の女性の悩みの上位にあげられるのは、
いつでも体型の崩れと、シミ、シワなど肌の老化。

30代40代になって、深刻になってきたシミ、シワのために、
高い化粧品を使ってあくせくしているのです。

これは、若い頃に紫外線対策を怠ってきたからにほかなりません。

高校生女子は紫外線の約半分を浴びている

実は、18歳までに人生で浴びるだろう紫外線の約半分を
浴びてしまっているという研究結果も出ているのです。

通学、授業、部活動と、高校生活において、
紫外線に当たらない生活は不可能です。

今からでも遅くありません。

高校生女子の皆さん、今すぐ正しい紫外線対策をしていき、
将来の美肌に備えましょう。

夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?

紫外線の種類と影響

紫外線には、肌表面に炎症を起こさせるB波UVB)と、
肌の奥深くに届くA波UVA)があります。

B波は、浴びると赤くなったり水ぶくれを起こしたり、
表面の細胞を傷つけ、シミや皮膚がんの原因となります。

帽子や日傘の利用などで、直射日光が当たらないようにすることで
ある程度防ぐことができます。

一方A波は、肌の奥の細胞まで届き、コラーゲンを変性させ、
シワの原因になるともいわれています。

その量は、B波の20倍以上ともいわれ、雲や窓ガラスを通過するため、
曇りの日や屋内でも知らない間に大量に浴びているのです。

高校生女子に最適な紫外線対策とは?

①日焼け止めを選ぶポイント

一番の対策は、日焼け止めを塗ることです。

巷にはいろいろな種類の日焼け止めがあります。
日焼け止めにはSPFやPAなどの数値が書いてありますね。

SPF値はB波、PAは、A波の防止効果の値です。

この二つの値は、もちろん、数値が高いほど、+が多いほど
効果は高いのですが、数値が高ければいいというわけでもありません。

それ以外の成分にも注意して選んでください。

多くの日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤は、
紫外線を吸収し、皮膚の上で化学反応を起こして紫外線を防ぐため、
肌に負担が大きく、敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性もありますが、
長時間の効果が期待できます。

紫外線拡散剤を使った、ノンケミカル処方の日焼け止めなら、
紫外線を跳ね返すだけで化学反応を起こさないため、
肌の負担も軽いのでお勧めです。

しかし、効果は短時間という欠点があります。

また、防腐剤のパラベンは、紫外線を受けると活性酸素が発生し、
シミやシワができやすくなるという研究結果もあるそうです。

日焼け止めの形態も、クリーム、ローション、スプレーと様々です。
自分の肌の状態や、用途、どのくらいのSPF、PAの値が必要かを
考慮した日焼け止め選びが重要となってきます。

夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?
夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?

②紫外線対策の栄養素を摂る

体の中からも対策が必要です。
日焼けには、

  • レバーや卵などに含まれるビタミンA、
  • 野菜、フルーツに含まれるビタミンC、
  • 魚卵やアーモンドなどに含まれ、抗酸化作用があるビタミンE

を多く摂るように心がけましょう。

③日焼けをしてしまったら

ほてりを鎮めるローションパックをしましょう。

高価なパックでなくても、美白有効成分が入った
お手頃価格のローションで十分です。

たっぷりコットンに含ませてパックしましょう。

夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?
夏の紫外線対策!高校生女子だとまだ早いですか?

まとめ

ここまで高校生女子が出来る夏の紫外線対策について
お話してきました。いかがでしたか。

紫外線は、ビタミンDを生成し、骨を強くする効果があります。

ただし、1日15分ほど浴びれば十分で、
それ以外は、できるだけ防止することが望ましいといわれています。

しかし、高校によっては、日焼け止めを持っていくことが
禁止されている
学校もあります。

校則は守りながらも、日常出来ることを工夫し、
一日も早く紫外線対策をして、将来の美肌に備えましょう。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください