芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
健康

夏バテの症状チェック!女性で吐き気や下痢があったら?

何だか、今年の夏は、とってもしんどい・・・。ひょっとして、夏バテ?
年々暑くなってきていますので、こんな風に、体調不良を訴える人も多いでしょう。

女性で、特に吐き気や下痢があったら、要注意!!脱水症状の前ぶれかも知れませんよ。
そうなる前に、夏バテの症状をチェックしておきましょう。




夏バテの代表的な症状は

まず、夏バテの代表的な症状としては、
食欲不振・倦怠感・頭痛・吐き気・めまい・下痢や便秘などの症状が挙げられます。

そもそも、どうして夏バテするのか?というところですが、外気の暑さと、部屋の涼しさの差に、
体が対応しきれていないとか、暑さに対して、体温調節がうまくいっていないなど、
自律神経が関わっている可能性があります。

夏バテの症状チェック!女性で吐き気や下痢があったら?

自律神経と夏バテの関係

自律神経と聞いても、あまりピンと来ない人もいるかも知れませんが、
人間の毎日には、この自律神経が深く関わっています。

夜眠っているときも、昼間活動しているときも、この自律神経のお世話になっているのです。
言うなれば、「体が本来の活動をするためのお手伝いをしてくれている神経」という感じでしょうか。

ですので、自律神経が乱れると、夜眠れなくなったり、便秘や下痢にもなりますし、
夏の暑さにも対処しきれず、夏バテしてしまう・・・ということになってしまいます。




女性特有の夏バテ症状

また、特に女子は、毎月の月経もありますので、自律神経は関係なくとも、生理のせいでイライラしたり、
お腹が痛くなったりと、体調の変化がある人もいるでしょう。

こうなると、自律神経の乱れと、女性ホルモンの両方から、ストレスを受けることになってしまいます。
こうしたことで、体のリズムが乱れたり、気温の変化についてゆけず、夏バテになってしまったりするわけです。

夏バテしないようにするには

では、夏バテしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

まず一つには、体を冷やさないことです。クーラーに当たりすぎないようにし、冷たい飲み物はなるべく控え、
夏でも温かいお茶などを口にし、体―特に首元、足元を冷やさないようにする。

また、オフィスでのデスクワークが長時間続く人は、適度に水分補給をしたり、何時間かに一度はストレッチするなどして、
体を動かし、血行不良にならないようにする。

食事も規則的に取り、野菜は、体を冷やす生野菜よりも、温野菜にするなどして、
なるべく冷たいものや体を冷やすものは、減らすようにする。

これらのことを行うだけで、夏バテの疲れ知らずな体になるかも知れませんよ。

いかがですか?今の体調不良、打開策は見つかりましたか?
どれだけ暑い夏であっても、毎日元気に乗り切りましょうね。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください