芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
健康

高校生女子なのに肩こりがやばいのです!

高校生女子なのに、最近肩こりがひどい・・・。肩こりなんて、もっと大人のものだと思っていたのに。
これからずっと何十年も、肩こりに悩まされるの?と、不安に思っている高校生女子もいることでしょう。

そんなあなたに、肩こりの原因とその対策をご紹介しましょう。




姿勢

あなたは、座っているとき、猫背になっていませんか?また、立っているとき、何かにもたれていませんか?
もし、心当たりがあるなら、その姿勢の悪さが、肩こりの原因になっている可能性があります。

猫背になるのも、立っているときに、何かにもたれかかるのも、筋力が衰えているのです。
猫背になるのは背筋の衰えですし、立っているときにもたれているのは、脚の筋肉の衰えなのです。

ですので、できる限り運動をして、筋肉が衰えないようにしましょう。

高校生女子なのに肩こりがやばいのです!

バッグ

あなたは、いつも同じ肩にバッグを持っていませんか?

例えば、ワンショルダーのバッグを、いつも右肩に掛けているという人、
右肩が左肩よりも少し上がってしまっているかも知れませんよ。

肩からバッグがずれ落ちないように、気づかないうちに、右肩を少し上げて、
バッグを持ってしまっていることも考えられます。

この場合、肩こりの原因は、バッグの持ち方ですね。

毎日同じ肩に持つのではなく、交互に持つとかして、どちらか一方に負担が掛かり過ぎない工夫が必要です。




視力

視力が悪くても、肩こりの原因になることがあります。

例えば、目が悪いのに、メガネは掛けたくないからと、そのままにしていませんか?
メガネがいやなら、コンタクトをするなど、視力は適切になるように、矯正した方がいいでしょう。

あまり知られていませんが、視力と肩こりも、関係がありますので、一度眼科に受診することをおすすめします。

また、視力の低下には、スマホやパソコンの使い過ぎも関係していますので、
スマホやパソコンの使用は、時間を決めて、あまり長時間にならないようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じると、人間は緊張状態になります。そうすると、当然、筋肉も緊張することになりますので、
ストレスも肩こりの原因の一つといえます。

ストレスをあまり溜め込まない、ストレスをうまく発散させる方法を見つける、
こういうことも、肩こり解消には大切なことです。

肩こりは習慣の見直しで改善出来る

ここまで高校生女子なのに肩こりがやばいのです!とお困りのあなたと一緒に、
肩こりの原因と対策を確認してきました。

いかがですか?どれも簡単なことばかりですね。

一度なってしまった肩こり、すぐには治りませんが、日頃の生活次第では、今よりも軽減されるかも知れません。
思い当たるところから、やってみましょう。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください