芸能界デビューしたい高校生女子です!オーディションについて詳しく教えて?
生活

高校生でいじめがあった時すべきこととは?俯瞰で見ると同じ

楽しいはずの高校生活が一部のグループによるいじめによって
毎日が憂鬱で辛いという声が少なくありません。

高校生でいじめがあった時すべきこととは?俯瞰で見ると同じ

いじめというのは本能的な部分が多く、加害者に罪の意識が少ないのが特徴でもあり、
問題の根深い部分でもあります。




高校生のいじめの本質とは

いじめられる側は、何か自分が悪いのではないか?と思いがちです。それはもしも悪い点があるならば直すきかっけにできてありがとう!というくらいに思い成長のカテにすればOKですが、全く何の原因もない場合もあります。

そこがいじめという問題の難しいところでもあり、改善し難い部分でもあります。誰でもいい誰かとして自分がターゲットになっている場合には他の誰かがターゲットになれば自分自身は難を逃れられるかもわかりませんが、他の誰かを犠牲に出来るほど非情な人間ならば、そもそもいじめのターゲットにはならないですよね。

集団では一番弱いものをいじめる本能がある

メダカや金魚、昆虫などを飼っていると、一匹だけが背びれや羽がボロボロになっていることに気付くと思います。特に狭いところで生活していたり、食事が不規則だったりすると、生存の危機という意識が働きます。

生物にとって、全滅は最もよくないので十匹よりも九匹、九匹よりも八匹の方が安全という本能が働きます。そこで、一番弱い個体を全体でいじめるのです。

それは人間も同じで、どのような集団でも多かれ少なかれいじめは存在するのです。ある程度仕方がないのかもしれません。加害者に罪の意識が少ないと書きましたが、いじめている側には、自分なりの正当化理由があるようです。

周りが迷惑しているとか、KY(空気が読めない)だとかですね。でもそれだって、加害者の自己中心的な考え方の場合がほとんどですね。




いじめる人は実はいじめられている

いじめられている人が必ずいじめる側(加害者)になるとは限りませんが、いじめている加害者は、何らかの形でいじめられている場合がとても多いです。

いじめの集団だけで見ればわかりませんが、親から虐待をされているとか、家事から抜け出したい母親の過度な期待を背負っているとか、会社でストレスをため込んだ父親のはけ口になっているとか。

部活や受験がストレスなのかもしれませんし、先生に厳しくされているのが原因かもしれません。

いじめる側にはなんらかの原因が必ずその本人にあるのです。自分自身被害者意識があるので、加害者としての罪の意識が少ないのかもわかりません。

だから何故この人は自分をいじめるのだろう?いじめざるをえないその訳が理解できれば解決策も見えてくるかもわかりません。

いじめる側の心の問題とは

いじめの加害者にストレスをかけている原因が学校の先生なら、先生はあなたの話を聞いてくれないかもわかりません。それが相手の親ならば、決して自分の子供がそんなことをするはずがない、と言うに違いありません。自分たちが加害者だと思いたくないからです。

あなたをいじめている本人も、いじめ自体を正当化しているわけではありません。自分がしていることがいじめだとわかれば続けることはそれ自体がストレスになるはずです。




学校からいじめを根絶するには

「うちの学校にはいじめはない」などといっている学校では先生に何をいっても仕方がありません。相手は誰かを言わず、いじめがあると認めてくれる人を味方につけましょう。

いじめているというレッテルを張られると狂暴化する人もいます。まずは、いじめられてとても辛いということを理解してもらうことが大事です。

自分も加害者かもしれないと思ってもらえれば大半の人はいじめなくなります。それでもいじめてくる人はいます。このタイプの人とは戦うしかありません。戦うと言っても正当性を持ってですが。

でもこのタイプの人はいじめやストレスに弱い人ですから、我慢しているあなたの方がきっと強い心をもっているに違いありません。まずは相手のことをすべて理解してみましょう。

戦うより友達にしてしまう方が簡単かもしれないですしね。

高校生活をいじめで辛いものにしない

いじめを今まさに受けてつらい気持ちは分かります。でも実はいじめる側の人間は弱い心の持ち主なのです。
だから一人で立ち向かうあなたは勇敢なのです。

一番の対策はきちんといじめの事実を学校に報告することです。そしてあなたの親経由できちんといじめている子の親に
報告してもらいましょう。それが正当ないじめに対する静かなる一番の効果的対策なのです。

いじめに対して一人で戦う必要はありません。使える手段を全力で行使していきましょう。
みんながあなたの味方です。

こちらの記事もいかがですか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください